加圧シャツ アンダーアーマー 違い

加圧シャツとアンダーアーマーの違いを比較してみた!

加圧シャツとアンダーアーマーの違いって何?

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

加圧シャツ

痩せたり筋肉を付けたりするもの

 

アンダーアーマー

スポーツ時のパフォーマンス向上や疲労軽減・回復をサポートするもの

 

それぞれについて見ていきます。

 

加圧シャツの効果

 

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

加圧シャツは上半身に負荷を与えることにより、

 

  • 筋肉アップ
  • 脂肪燃焼
  • 新陳代謝アップ
  • 姿勢矯正
  • 食欲抑制

 

などを促す効果が期待できます。

 

加圧シャツを着て負荷が増すことにより、少ない運動量でも効率的な筋力アップやダイエット効果が期待できるのです。

 

基礎代謝もアップさせられるので、太りにくい体を作ることも可能です。

 

アンダーアーマーの効果

 

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

アンダーアーマーとはメーカーのブランド名で、「コンプレッションウェア」と呼ばれる部類になります。

 

コンプレッションウェアとはこういうものです。

 

 

『コンプレッション』は、圧迫や圧搾と言う意味で、適度に体を包み込んで筋肉をサポートすることで、運動機能が支援できるとされる。必要のない筋肉の振動を抑制し、これによって筋肉の疲労を軽減し、筋感覚を調整して集中力を高め、スタミナを向上、パワーアップの効果を発揮する。血流がスムーズになることにより、むくみが抑制されて疲労から素早く回復する効果をうたったもの、乳酸や老廃物の除去を促進する効果があるとされるものなどがある。

 

出典:wikipedia

 

 

つまり、コンプレッションウェアには疲労軽減スタミナアップ回復促進などの効果が期待できます。

 

その詳しい原理はこうです。

 

コンプレッションウェアが適度な着圧をかける

筋ポンプ作用で血流が一定になる

余計な筋肉の振動を抑える

筋肉疲労を軽減させる

 

また、筋肉のブレが少なくなると、自分の思い通りに体をコントロールしやすくなりますし、フォームも安定するので、運動パフォーマンスも向上させることができます。

 

コンプレッションウェアはこうした目的で作られているので、筋肉増強の効果はないという認識です。

 

実際、俺もフットサルをやるときにはにアンダーアーマーを着ますが、体に良くフィットして動きやすく、運動時のパフォーマンス向上をサポートしてくれている実感はあります。

 

しかし、筋肉に負荷がかかっている感じはしないですね。

 

まとめ

 

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

加圧シャツとアンダーアーマーの違いをまとめると、

 

  • 加圧シャツは、筋肉アップやダイエット効果に重点を置いている
  •  

  • アンダーアーマーは、運動時のパフォーマンス向上や疲労軽減・回復促進に重点を置いている
  •  

  • アンダーアーマーに筋肉アップの効果はない

 

といった感じです。

 

加圧シャツもアンダーアーマーも体に圧力を加えるという部分は一緒ですが、その目的には大きな違いがあるということですね。

加圧シャツとアンダーアーマーの口コミの違いを比較してみる!

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

加圧シャツ(金剛筋シャツ)の口コミとアンダーアーマーの口コミを比較してみます。

 

加圧シャツ(金剛筋シャツ)の口コミ

 

 

着用するだけで痩せられるとは思いませんが、上半身がいつも締め付けられているため、無意識にお腹を引っ込めるようになり、背筋も伸ばされている感じがします。

 

金剛筋シャツを着るようになってから、同僚に「痩せた?」と聞かれるようになりました。(50代男性)


 

 

1週間着てみたところ、腹筋が引き締まる感じがしてきました。

 

体重の変化はまだないですが、適度な加圧なので苦も無く着続けることができます。(20代男性)


 

 

お腹がとても圧迫されるので、金剛筋シャツを着て食事を食べると、いつもより少ない量で満腹感が得られます。(30代男性)


 

 

 

アンダーアーマーの口コミ

 

 

生地がヒンヤリしていて、夏に着るには最適です。

 

フィット感もあって着心地も良い感じです。(60代男性)


 

 

私はジムトレーニング用に使っています。

 

汗をかいてもすぐに乾いて快適で動きやすいです。(40代男性)


 

 

ゴルフ時に着るために購入しました。

 

ラウンドを回る時にこれを着ているのと着ていないのではパフォーマンスが全然違います。(30代男性)


 

口コミの違いのまとめ

 

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

加圧シャツとアンダーアーマーの口コミの違いを比較してみると、加圧シャツ(金剛筋シャツ)は、筋肉を付けたり、痩せたりする目的で使っている人が多いです。

 

それに対してアンダーアーマーは、運動時のパフォーマンスや快適さを目的として着ている人が多いようです。

 

以上より、加圧シャツとアンダーアーマーとでは、効果が違うだけに使う目的にも違いがあるということですね。

加圧シャツはこんな方におすすめ

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

加圧シャツはこんな方におすすめです。

 

  • 上半身に筋肉を付けたい
  • 猫背を矯正したい
  • 食べすぎを防ぎたい
  • インナーマッスルを鍛えたい
  • 痩せやすい体を作りたい
  • ポッコリお腹を凹ませたい

 

加圧シャツは筋トレとの相性が良いので、加圧シャツを着用しながら筋トレを行うと、より効率的なトレーニングが行えます。

アンダーアーマーはこんな方におすすめ

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

アンダーアーマーは運動を行うこんな方におすすめです。

 

  • パフォーマンスを上げたい
  • 筋肉疲労を軽減させたい
  • 怪我を防ぎたい
  • 汗をすぐに乾かしたい

 

ハードな運動時に着ると、その機能性や快適性はよく実感できます。

コンプレッションウェアの始まりはアンダーアーマーではない?

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

コンプレッションウェアの始まりは、有名下着メーカーの「ワコール」です

 

実は、コンプレッションウェアの始まりはアンダーアーマーではありません。

 

1991年、大手下着メーカーの「ワコール」がサポーターのテーピング理論を基に、「CW-X」というコンプレッションウェアを発売したのが始まりでした。

 

そして、その7年後の1998年に、アンダーアーマーも機能性ウェアとしてコンプレッションウェアを売り出しました。

 

それを機にスポーツ選手の間で利用者が増えていき、他のメーカーもコンプレッションウェアに参入してきたというわけです。

アンダーアーマーには4つの特徴がある

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

アンダーアーマーの4つの特徴には、

 

  1. コンプレッションフィット
  2. 4ウェイストレッチ
  3. 水分コントロール
  4. ギア

 

があります。

 

コンプレッションフィット

体に適度な着圧を与え、筋肉がブレるのを抑えて疲労を軽減させ、持久力のキープを補助してくれます。

 

4ウェイストレッチ

よく伸び縮みし、ストレッチ性が高いことを表しています。

 

動く際に生地が体に引っかかることが少ないので、何も着用していないような着心地、機動性を感じることができます。

 

水分コントロール

「モイスチャートランスポートシステム」という技術により、汗の速乾吸収性に優れています。

 

汗をすぐに吸収し、上がった体熱と一緒に外に逃がしてくれます。

 

体熱はスタミナを減らす要因になるので、体を乾かし、適度な体温を保ってくれることはとても大切な機能なのです。

 

ギア

アンダーアーマーには、次のような3つのギアと呼ばれるタイプがあります。

 

  1. ヒートギア(酷暑時用)
  2. コールドギア(寒冷時用)
  3. オールシーズンギア(ヒートギアとコールドギアの中間)

 

まとめ

 

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

アンダーアーマーには上記で紹介した4つの特徴があるおかげで、より効果的に運動時のモーションや疲労軽減・回復などをサポートしてくれることがわかりますね。

 

ギアも季節や環境によって、効果的に使い分けてみると良いでしょう。

アンダーアーマーには3種類のフィットタイプがある

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

アンダーアーマーには、次の3種類のフィットタイプがあります。

 

  1. コンプレッション
  2. フィッティド
  3. ルーズ

 

これらは、スポーツの種類や使用状況に応じて最適なフィット感が選択できるように開発されたものです。

 

それぞれについて見ていきます。

 

コンプレッション

 

 

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

出典:UNDER ARMOUR

 

 

コンプレッションは、体にピッタリフィットさせるタイプで、パフォーマンス向上に不可欠な機能性と快適性が実現されています。

 

最も一般的に知られるアンダーアーマーのコンプレッションシャツです。

 

フィッティド

 

 

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

出典:UNDER ARMOUR

 

 

フィッティドは、ボディラインに沿って着られるタイプで、コンプレッションの機能性と快適性は残したまま、適度なフィット感が実現されています。

 

緩すぎずきつ過ぎない着心地で、着心地は一番良いという意見も多いです。

 

ルーズ

 

 

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

出典:UNDER ARMOUR

 

 

ルーズは、ゆったりと余裕を持って着られるタイプで、長時間の移動やトレーニング時など、色々なシーンでリラックスして着ることができます。

 

まとめ

 

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

アンダーアーマーには上記の3種類のフィットタイプがあるので、シーンに応じて効果的に使い分けることができます。

 

日頃からスポーツを行っている方は、試合で最大限にパフォーマンスを発揮するには体調管理も大切なので、こうしたアイテムを上手に使えると良いですね。

加圧シャツとアンダーアーマーの違いのまとめ

加圧シャツ,アンダーアーマー,違い

 

ここまで紹介してきた加圧シャツとアンダーアーマーの違いをまとめると、

 

加圧シャツ

体に負荷を与えてダイエットや筋肉アップなどの体の変化をさせるもの

 

アンダーアーマー

運動時のパフォーマンス向上や疲労軽減、回復促進などを目的としたもの

 

といった感じになります。

 

加圧シャツとアンダーアーマーは、見た目は似ているように見えますが、その効果や目的は全然違います。

 

なので、それぞれの目的に合わせて使い分けるようにすると、最大限の効果が得られるでしょう。

 

俺のおすすめを紹介中!